くせ毛とダイエット、、、?

くせ毛とダイエット、、、?

ダイエットでくせ毛になる?
クセ毛が強くなる原因としては、カラーリングの繰り返しによるダメージや、加齢などによる頭皮のたるみ、あるいはホルモンバランスの変化などが考えられますが、最近になって増えているのが、栄養不足によるもの。 髪をつくる毛母細胞は、体のなかでもとりわけ細胞分裂が活発で、たくさんの栄養を必要とするところ。栄養不足になるとたちまち髪質に影響を及ぼします。そのため、食事できちんとタンパク質を補わないと髪の原料が不足するばかりか、太くてハリのある髪の毛には育ちにくくなります。もちろん、タンパク質だけでは不十分。タンパク質を体内で利用するには、ビタミンやミネラルが不可欠となります。

過度なダイエットは体だけでなく髪の毛の細部にまで...
では、髪が栄養不足になる事案とはどのようなものがあるのでしょうか。主に過度なダイエットなどによる栄養不足です。爪などと同じように髪の毛もまた、過度なダイエットによってとても影響を受けます。幾度のダイエットにより栄養不足に陥った髪の毛はコシやはりがなくなり、摩擦により見る見るうちに髪の毛が傷んでいきます。傷んだ髪はいずれくせ毛として表れてしまうのです。過度なダイエットを行うことは健康な体を害するだけでなく髪の毛までも傷めてしまうのです。

ダイエットを行う上での注意点とは

ダイエットを行う上での注意点とは


では、ダイエットを行う上でどのようなことに気を付けて行えばよいのでしょうか。
そもそも髪の毛の約90%は、十数種類ものアミノ酸が結合してできたケラチンというタンパク質でできています。そのため、食事できちんとタンパク質を補わないと髪の原料が不足するばかりか、太くてハリのある髪の毛には育ちにくくなります。髪の毛の健康は、体の健康ともリンクしていて、髪の毛を検査すれば、不足しているミネラルや有害なミネラルの有無まで一目瞭然とのこと。植物性タンパク質と動物性タンパク質をバランスよく食べることがじゅうようなのです。

具体的に摂取したい栄養素とは

具体的に摂取したい栄養素とは


食事で摂ったタンパク質を髪の原料に利用するには、ビタミンB群が不可欠です。 特に、ビタミンB6は必須。イワシやマグロ、サバなどに多く含まれているので、積極的に摂りましょう。また、頭皮の健康維持や血行促進のためには、抗酸化作用のあるビタミンA、C、EとEPAが欠かせません。 ビタミンAは緑黄色野菜に、ビタミンCはさまざまな野菜や果物に、ビタミンEは玄米やナッツ類に、EPAは青魚に多く含まれているので、毎日バリエーション豊かに摂りましょう。摂った栄養を体内で再利用したり、髪質を高めるにはミネラルも絶対に必要です。 ワカメや昆布などの海産物はミネラルの宝庫。しっかり摂るようにしましょう。