くせ毛となりたい髪型

くせ毛となりたい髪型

なりたいヘアを見つけるにはまず自分の髪を知ることから
多くのくせ毛の方が、なりたい髪型が似合わなかったり、思い通りのヘアスタイルにならなかったりというようなことで悩まれているのではないでしょうか。しかし、ほとんどの方は自分のくせ毛を生かし切れていないというのが現状ではないでしょうか。自分に似合う髪型を見つけるにはまず自分がどのようなくせを持っているのかを知る必要があります。
くせ毛は人種によってかなりの差があると言われています。くせ毛で若い時から苦労してきた人もきっと多いと思います。ストレートパーマをあてたものの髪の毛が傷んでしまった人などくせ毛にまつわる失敗談もあるのではないでしょうか。そもそもくせ毛は直射日光を避ける為に、進化した形とされています。もしくは毛穴に汚れがたまるとくせ毛になる確立が高くなります。

くせ毛の種類について
そんなくせ毛の種類について説明したいと思いますが、世界的に見ると、日本人にはくせ毛が少ないと言われています。なぜでしょうか?日本人形などでは、サラサラの髪というのが一般的なのに対して、外国の人形はほとんどカールしていますよね。また、多少なりともくせ毛を持っている人は多いでしょう。くせ毛はその形から大別されますが、波状毛、捻転毛、連球毛、縮れ毛などがあります。波状毛は髪の毛が大きく波打っている状態です。こんな人ならパーマをかける必要がなくて、いいような気がするのは他人目線だからでしょうが、殆どの人がストレートヘアーに憧れます。

やっかいなくせ毛

やっかいなくせ毛


捻転毛はきりもみ状態にねじれているものです。ちょっと見るとくせ毛には見えないケースもありますが、ちょっとやっかいなくせ毛です。一本をじっくりと見てみると、ねじれているという状態になっています。 連球毛は渦を巻いて球状になるくせ毛です。ごわごわした髪で、毛が切れやすくなっていますので、これらの中で最もやっかいなくせ毛と言えるでしょう。いわゆるアフロヘアーみたいな感じです。

とても強いくせにみえる縮れ毛

とても強いくせにみえる縮れ毛

そして縮れ毛です。一番わかりやすいのは黒人の髪の毛です。らせん状に渦巻いている場合もありますし、細かくねじれ渦をまいている感じのもあります。これらの様に種類は大きく分類できますが、個人差があります。また程度によっては、複数の種類が複合したような人もいることでしょう。自分のくせ毛がどのような状態なのかを、まず把握することが大事です。その種類によりケアの仕方も変わってきます。自分にあったヘアスタイルを見つけるにはまず自分の髪を知ることから始めましょう。